2010 / 04
≪ 2010 / 03   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2010 / 05 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
2010年04月の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


神奈川新聞杯争奪王座戦

神奈川新聞杯争奪王座戦将棋大会に参加しました。3/27に神奈川に引越してきて初めての大会です。この大会はアマ名人戦の神奈川県予選も兼ねているそうです。

アマ棋界に疎い俺でも知っている名前がいっぱいいました(汗)

予選一回戦 青年 ●
先手番。対ゴキゲン中飛車の持久戦模様。振り側はバランス重視の構えから△44歩~△45歩~△42飛。それに対して四枚矢倉で対抗。終盤まで難解な形勢が続いたが、寄せ合いで緩手を指してしまい負け。▲54金ではなく▲54桂なら難解だったという結論でした。

予選二回戦 小学生 ○
先手番。相矢倉戦。4、5筋を制圧して快勝。

予選三回戦 四段大学生 ○
後手番。▲76歩△84歩▲56歩の対ゴキゲン中飛車。持久戦模様だが相手は銀冠、こちらは△42銀と上がってしまい作戦負け模様だったが、難解な終盤でぴったりの詰み筋を発見し逆転勝ち。

本戦一回戦 青年 ○
後手番。横歩取りを拒否さされ相掛かりに。相手のひねり飛車に対してこちらは居飛穴。右翼で失敗したが、相手が工夫して受けたところをガジガジ流で食いついて逆転勝ち。平凡に指されていたら完敗でした。。

本戦二回戦 五段小学生 ○
後手番。居対四間の相穴熊戦。仕掛けの辺りで相手にミスがあり優勢に。そのまま押し切り最後はぴったりの詰みで勝ち。

準々決勝 元アマ竜王のYさん ●
後手番。阿久津流急戦でやや作戦負けだったが、穴熊に囲って勝負形に。だが終盤手厚く受けきられて完敗。

強豪ひしめく神奈川で、まさかベスト8まで残れるとは思っていなかったので素直に嬉しかったです。

スポンサーサイト

棋士×弁護士

今日は弁護士会館で棋士と弁護士の対談(など)を見てきました。

主なテーマは
1.女流&弁護士ペア対局
2.対談
3.佐藤九段vs瀬川四段
という感じでした。

出場棋士は佐藤康光九段、片上六段、瀬川四段、矢内女王、北尾女流、飛入り参加で遠山四段という豪華な顔ぶれ。弁護士の方々もアマチュア高段者らしくびっくりするほど強かった。

でも1番印象に残ったのは瀬川四段。意外にトーク苦手なのか?瀬川四段は今期から順位戦にも参戦されるので今後注目したいと思う。

Metis

Author:Metis
 
【都道府県】東京都

【生年月日】1985/12/31

【性別】♂

【職業】会社員

【24サブID】Metis. R2136(四段)

【得意戦法】居飛車穴熊、角換わり

【将棋以外の趣味】テニス、散歩、カラオケなど

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。