2017 / 03
≪ 2010 / 04   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -  2010 / 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第100回職団戦

今日は職団戦に行ってきました。

第100回記念ということで参加チームやプロの方々が大勢揃いいつも以上の賑やかさでした。
またイベントとして女流チームがAクラスとBクラスで参加していました。さすが女流プロだけあって上位までまで残ってました。最後までは見ませんでしたが、優勝したらどうするんでしょう?次回はまた上のクラスで参加??

クラスはS~Fクラスまであり、私はまさかのA級で出場!胸を借りるつもりで精一杯頑張りましたが、結果は個人成績2連敗●●、チームは2回戦敗退○●でした。さすがA級。。来年はもう少し勝負になれるように上達したいです。

1回戦 ●
相手の先手中飛車に対して△64銀▲66銀型にして居飛車穴熊という指し慣れている形に。
2011-11-20a.png

少し進んで△44歩の受けに▲36銀と引かれた局面。
2011-11-20b.png
ここから△43金▲75歩△94飛▲86歩△31香▲87歩成とされてまいりました。31香が上手い手に見えたのですが、のんびりしすぎでした。。代わりに△34歩▲同歩△35歩と王手銀取りのラインを見せて攻めるべきでした。以下熱戦が続くも1歩届かず負け。

2回戦 ●
東京都代表クラスの方との対局。相手の矢倉早囲いに対して急戦で対抗。中盤で力をためた手が緩手で作戦負けに。ちょっと手合い違いだと感じました。

指導対局1 ○
伊藤真吾四段との飛車落ち。なんと伊藤四段にうっかりがあり、いきなり銀得に!チャンスとばかりに強引にせめて勝ち。こんな勝ち方でいいのか?とも思いましたが勝ちは勝ち^^

指導対局2 ●
中村修九段との飛車落ち。中村九段特有の粘りのある受けを堪能することができました。手数にしておそらく150手以上、時間にして2時間弱という濃密な内容でした。最後はかっこよく詰めろ逃れの詰めろのつもりで飛車切り!これが詰めろ逃れになっておらず、あえなく頓死。。かっこ悪すぎw 渋く受けていればまだ難しいところもあったようです。



スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする















Metis

Author:Metis
 
【都道府県】東京都

【生年月日】1985/12/31

【性別】♂

【職業】会社員

【24サブID】Metis. R2136(四段)

【得意戦法】居飛車穴熊、角換わり

【将棋以外の趣味】テニス、散歩、カラオケなど

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。