FC2ブログ
2019 / 07
≪ 2019 / 06   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2019 / 08 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
イベントの記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


将棋定例会

今日は将棋の定例会に初参加してきました。

メンバーの棋力はアマ三~四段の6名で、総当たり戦を2回指しました。

結果は10連勝で優勝。

矢倉、角換わり、三間飛車、四間飛車、中飛車、相振り飛車など、色々な戦型を試す事ができました^^

比較的年配の方が多くて不安でしたが、非常に良くしていただけて楽しい一日でした。

また機会があれば参加したいと思います。

リコー杯アマチュア将棋団体日本選手権

2/19(土)は日本選手権のお手伝いに行ってきました。
手伝いといっても会場準備と後片付けだけなので遊びに行ったようなものですがw

優勝は学生代表の立命館大将棋部。おめでとうございます。

どの対局も熱戦だったものの、結果的に社会人代表のNEC将棋部に6-1の大差で勝利。

学生将棋界の勢いを感じます。

ここ数年は社会人チームが学生チームに押されているようなので、来年は社会人チームの巻き返しに期待したいです。

ペア将棋選手権

今日は田町で行われたLPSA主催のペア将棋選手権に記録係として行ってきました。

職団戦S級のアマ強豪と女流プロがペアを組み、2人vs2人で指すという企画です。中継もあったようです。URLはコチラ⇒http://joshi-shogi.com/pm/

棋譜を書くのは初めてなのでかなり緊張しました^^;

序盤は指すペースが早く76、34、26…というふうに数字だけ書いて、局面が落ち着いたら残りを埋めていく要領です。

見る角度もいつもと違い少し戸惑いましたが、なんとか無事にこなす事ができました^^

午後からは仕事がなくなったのでアマ強豪の方に20秒将棋でたくさん教わりました…。

いやー、、、相手の名前に畏縮しちゃったせいか全く手が見えませんでした。

何事も経験ですかね。良い刺激になりました。技術的にも精神的にももう少し強くなりたいです。

大会終了後は打ち上げへ。

女流プロや職団戦S級で活躍されてるアマ強豪の方々をはじめ、多くの方々とお話させていただきました。

オススメの道場や勉強法なども聞けてすごくためになりました^^今日から早速実戦したいと思います。

今日の催しでますます将棋の世界が好きになりました!これからも機会があれば積極的に参加したいと思います。

勝又教授の「コンピュータ将棋最前線」

今日は【勝又教授の「コンピュータ将棋最前線」~クラスタシステムと”あから2010”の思考~】という講演会に行ってきました。

会場に入って早速勝又六段の指導対局を受けることに。

2011-01-23a.png

図は飛車落ちの終盤戦。

中盤で読み抜けがあり厳しい局面になりました。

ここで▲7三金△6一玉▲4四歩△5七桂成には▲6二銀△5二玉▲4三歩成△同金▲6三金!△4二玉▲5三金△3一玉▲3二銀△2二玉▲2三歩△1二玉・・となりわずかに詰まず負けのようです。

勝又六段の解説がわかりやすく、序盤から終盤まで丁寧に教えていただきました。

なんだか一回り強くなったような気分です。

指導対局の後はコンピュータ将棋に関する講演会が始まりました。

講演者は勝又六段、YSSプログラマの山下さん、Bonanzaプログラマの保木さんの3名。

昨年の清水女流王将VSあから2010の対局のことについてがメインでした。

コンピュータ将棋に関しては全く素人の私にもわかる内容で、しかも対局時の裏話やぶっちゃけ話もありとても面白かったです^^

今年もプロとコンピュータの対局は設けると上野五段がおっしゃっていたので間違いないと思いますが、問題はプロ側の対局者。

里見女流三冠・加藤一二三九段・米長会長・阿久津七段・戸辺六段・糸谷五段など数名名前が挙がっておりました。

いずれにしても面白い勝負になりそうです。

個人的には朝日オープンのアマ・プロ戦のように新四段5人vs5台(?)の対局がみたいかな^^

将棋合宿

9/11、12の二日間、将棋合宿に参加してきました。

13時に到着して早速対局開始。S1、S2、AクラスのうちAで対局しました。

一回戦 Hさん ○
後手番横歩取りで対58玉型。中盤で△85桂▲同桂△44角と飛車香両取りに成功。しかし先に桂馬を取られるので少し強引だったか。終盤はかなり粘られたが、△47角~△66桂!の妙手を発見して勝ち。

二回戦 Sアマ女流 ○
後手番阿久津流急戦矢倉。角切りからの攻めが炸裂して優勢だと感じたが、終盤で鋭い攻めを続けられて怪しい展開に。トドメは▲15角!と飛車取りと詰めろ級の攻めを狙われて負けを覚悟しました。しかし最後は相手の手順前後に救われて辛勝。感想戦では▲24飛の前に▲77桂と指されていたらどう変化してもこちらの負けでした。攻防手▲15角を消すためにこちらとしては序盤で△14歩▲16歩の交換を入れていればまた別の展開になったかもしれません。後になって、彼女が関東アマ女流学生名人など多くの大会で優勝されている方と聞いてびっくり!強いはずだ。

三回戦 M女流初段 ●
後手番居飛穴対44銀型四間飛車。△42角と引いた後△64歩▲同歩△同銀▲65歩△57銀と一歩交換直後に▲55歩と指されて開戦。中盤は73にと金を作られるも、相手の歩切れを突いて飛角を捌くことができたのでまずまずかと思いました。その後は△56歩▲51と△57歩成▲41と△67と(金入手)▲31と!(金入手)△38と(王手銀取り)▲同金△31金で銀得になる。しかしこの▲31とがなかなかの好手で難しい終盤戦に。端攻めされた瞬間に42金と引いたが、こ手が敗着だったようです。感想戦でも端攻めをしっかり面倒みていれば難しいという結論でした。改めて見ると終盤の乱れ方がひどい。。。

4回戦 Kさん ○
普段からよく面倒をみてもらっているKさんとの対局。対先手藤井システムに△64銀~△75歩の急戦を決行…したものの、相手の巧みな序中盤に振り回されて敗勢に。最後のお願いで王手ラッシュをかけると、秒読みに追われたせいか、全く詰まないだろう形からのまさかの頓死。大逆転勝ちでした。

宴会、温泉の後は特殊ルール付きのリレー対局。メンバーはTさん、KSさん、Mさん、Hさん、U女流二段らの強者ぞろいでしたが、まさかアヒル戦法に完敗するとは。。アヒル戦法って優秀ですね。足を引張ってしまい申し訳なかったです。。

深夜はKさんと4:30頃まで対局&感想戦の繰返し。四間飛車と三間飛車の色々なパターンを教わることができて勉強になりました。

自由対局でも多くの方々から指導していただくことができて非常に勉強になりました。

いや~しかし疲れた(*´ο`*)=3

Metis

Author:Metis
 
【都道府県】東京都

【生年月日】1985/12/31

【性別】♂

【職業】会社員

【24サブID】Metis. R2136(四段)

【得意戦法】居飛車穴熊、角換わり

【将棋以外の趣味】テニス、散歩、カラオケなど

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。